冬しか出来ないスポーツ!あなたはどれが好き?

>

ウィンタースポーツと言われて想像するのは?

日本発祥のウィンタースポーツ「雪合戦」

雪合戦といえば、子供の頃に空き地で雪玉をぶつけ合っていたことを想像しますが、これがスポーツとなると様相は一変します。
相手のフラッグを奪うとか、相手チームを全員雪玉で当てて倒すとか、ルールはいろいろあるようですが、最近では大人が本気で戦うスポーツとして世界にも知られています。

世界大会が開催され、公式ルールもあるほどのスポーツです。
戦略や戦術を立て、さながらサバイバルゲームのように真剣です。
直球を投げるだけでなく、山なりの雪玉で上から狙ったり、声を出しあいながら壁に隠れる仲間に指示を出して敵を狙ったり。
正に真剣そのもの。

ルールは単純なので、誰にでもできるのが魅力なスポーツです。
是非、仲間と協力プレーをしながら勝利を目指して頑張ってください。

家族でもカップルでも楽しめるスポーツ

多くの方が経験しているスキーやスノーボードは、誰でも知っているウィンタースポーツです。
ウィンタースポーツとはちょっと違うかも知れませんが、雪がなくても気温が下がることで出来るアイススケートも、また冬のスポーツの代名詞と言ってもいいのではないでしょうか?

スキーやスノーボードは、山の斜面を利用しているためその景色は何とも言えません。
リフトに乗って上に登ったとき、目の前に広がる雪景色は日常ではなかなか味わうことが出来ません。
単純にスポーツとしての楽しみ以外にも、ストレスの発散に最適だと思います。

また、楽しみ方は人それぞれです。
純粋に滑る楽しみもあれば、子供と雪遊びで雪だるまを作ったり、ソリで遊んだり。
それからファッションや食事、アフターの温泉や買い物など、スポーツ以外の楽しみがあるのがいいですね。
定番として定着している理由の1つと言えるでしょう。